「ガイアの夜明け」で技能実習生問題についてコメント

2017-08-01

本日放送の「ガイアの夜明け・ニッポン転換のとき 第四弾 追跡!”絶望職場”の担い手たち」で、技能実習生問題についてコメントしました。

TVerで、2017年8月9日から15日22時53分まで観られます。
http://tver.jp/episode/32747296

ガイアの夜明け ニッポン転換のとき 第四弾 追跡!”絶望職場”の担い手たち(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/
コンビニエンスストアや飲食店で目にする、外国人店員の姿。今後、労働人口が減少する日本では、外国人はますます重要な労働力となりつつある。外国人と国内の労働現場を結びつけるもののひとつが、「外国人技能実習制度」というシステムだ。外国人に技術を移転し、その国の経済発展を担う人材を育成する”国際貢献”が目的だが、実際には人手不足に悩む中小企業や農業、漁業といった一次産業に「労働力」を提供する役割を果たしている。しかしその現場の多くでは、違法な長時間労働や賃金の不払いといった問題が…。番組では、外国人が直面する過酷な労働現場を取材。その実態を明らかにするとともに、外国人労働者と共生を図る企業の取り組みも追った。私たちの暮らしを支えてくれる外国人労働力を生かしつつ、彼らのためにもなる「働き方」とは??。

Copyright(c) 2012-2013 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.