外資系労働者のための退職勧奨・解雇に対する法的対策メニュー

2018-02-20

暁法律事務所では、外資系労働者が退職勧奨や解雇をされたときに、以下の法的対策のサービスを提供します。
 
 
〇解決金を獲得する場合には、短期間で、高水準の解決金を獲得し、会社から不当に評価された汚名を晴らすという満足を提供します。
 具体的には、以下のことを目指します。
 「3か月以内に、交渉で月収9か月分程度の解決金を獲得する。」
 「6か月以内に、交渉と労働審判で、年収1年分程度の解決金を獲得する。」
 (注)これは、目指すべき目標であり、実際の解決の水準を保障するものではありません。実際の解決は、ケースによって違ってきます。
〇職場復帰を目指す場合には、徹底して闘って、職場復帰の実現を目指します。

1 退職勧奨・ブロックプログラム

▼サービス内容
・会社への受任通知(内容証明)⇒交渉→確認書取得・事実上、退職勧奨をやめさせる(※(希望があれば)労組紹介)
・証拠確保の指導


▼有効期間
内容証明送付から3か月


▼着手金/報酬金
①着手金 15万円+税
②報酬金 なし


※1⇒2、3、4のプログラムに移る場合
着手金から15万円+税を控除

2 退職勧奨・パッケージ交渉プログラム

 ▼サービス内容
・会社への受任通知(内容証明)→交渉→和解成立(和解契約書作成)
・証拠確保の指導


▼着手金/報酬金
<着手金ありコース>
①着手金 15万円+税
②報酬金 経済的利益×10%+18万円+税(経済的利益が300万円未満の場合は16%+税)
<着手金なしコース>
①着手金 なし
②報酬金 経済的利益×25%
※この場合は、1から移行しても、着手金の控除なし
経済的利益は、受任前の提示額と合意額の差額


※2<着手金ありコース>→3、4のプログラムに移る場合
着手金から15万円+税を控除

3 解雇・職場復帰プログラム

 ▼サービス内容
・会社への受任通知(内容証明)→交渉・労働審判→職場復帰(→(希望があれば)労組紹介)
・職場復帰後の証拠確保の指導


▼着手金/報酬金
①着手金 経済的利益×5%+9万円+税(経済的利益が300万円未満の場合は8%+税)
    *経済的利益=解雇から受任までの賃金+解雇後2年分の賃金
②報酬金 経済的利益×10%+18万円+税(経済的利益が300万円未満の場合は16%+税)
    *経済的利益=解雇から解雇撤回までの賃金+解雇後2年分の賃金
交渉のみで解決した場合は、着手金の3分の1を減額


※3→4のプログラムに移る場合
着手金から既払い着手金を控除

4 解雇・金銭解決プログラム

▼サービス内容
・会社への受任通知(内容証明)→交渉・労働審判→和解契約(解決金支払)


▼着手金/報酬金
①着手金 経済的利益×5%+9万円+税(経済的利益が300万円未満の場合は8%+税)
②報酬金 経済的利益×10%+18万円+税(経済的利益が300万円未満の場合は16%+税) 
※交渉のみで解決した場合は、着手金の3分の1を減額
※労働審判から訴訟へ移行する場合は、追加着手金が必要。

Copyright(c) 2012-2013 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.