ご相談者様からの声

某解雇事件ご相談者様からのメッセージ

◯解雇問題の解決 匿名希望様
会社との解雇問題では大変お世話になりました。
私は、大学卒業後に正規採用された会社で、突然解雇を通告されました。会社に解雇理由の開示を請求しましたが、会社は理由を明らかにしようとせず、退職勧奨だったと前言を翻してきました。二転三転する会社の対応に困り果て、労働局へあっせんの申し立てをすることにしました。しかしそれだけでは不安があったため、労働問題に詳しい弁護士を探し、指宿弁護士にたどりつき相談しました。指宿弁護士は、裁判は費用がかかることもあり、労働組合に加入し交渉することを提案してくれました。その場で指宿弁護士が顧問を務める日本労働評議会(労評)に加入しました。その後労評の後押しもあり、会社はあっせんに参加しました。当日は労評の方が補佐人として参加してくれました。そして、和解という形で無事に終結することが出来ました。短期間で解決したことは、良かったと思います。
私一人ではどうすることも出来ず、不安がある中で相談に行きました。指宿弁護士は親身に対応してくださり、私の状況を考慮して労働組合の加入を提案してくれました。私は裁判になるかもしれないと少し気が引ける気持ちがあったので、こういう方法もあることを教わり、安心したのを覚えています。
暁法律事務所は労働組合と連携している心強い法律事務所だと感じました。問題に直面し出会えたのが暁法律事務所、指宿弁護士で良かったと思います。本当に感謝しています。ありがとうございました。

◯職場への復帰 A財団 N.I様
私は、先生のおかげで、四月一日から財団に復帰し、職場にて安心して仕事をさせていただいております。一月十三日に人事部長よりパート解雇の通告を受けた日には、まさかこのような「復帰」が出来るなど考えてもいませんでした。
先生が開口一番、「あなたは辞める必要無いですよ」というお言葉が今でも耳に残っています。先生からご紹介頂いた労評さんも、私の立場に立って考え、行動をして下さるので、全信頼を傾けております。「筋を通す」ことの大切さを教えていただきました。
私は四月から働き始め、改めて働く喜びを強く感じました。クビと言われたときは、羽がもがれて背骨がボキボキと折られるようでした。
指宿先生のお陰で、恵まれた仲間の居る会社に戻ることが出来、そして仕事を行うことが出来ました。心より感謝申し上げます。

◯労働審判の早期解決 匿名希望様
色々あって、解決がこの時期になりましたが、指宿先生、この度は本当に有難う御座いました。今回の結果を得る事が出来たのも、一重に先生のお力があったからだと思っております。僕一人の力では到底無理でした。でも、本当に早期解決して良かったです。実際はもっと長引くものだと思っていたので。
(中略)実際今回のような理不尽な労働条件が横行している業界なんだと思います。労働審判員の方に最後言われましたが、今後はもっとちゃんとした会社(業界)で働こうと思っております(苦笑)。ただ、不謹慎かもしれませんが、今回、労働審判を経験出来た事は僕自身大変良かったと思っております。指宿先生にも出会えましたし、損得抜きに協力してくれる仲間の存在に気付く事も出来ました。その仲間たちに何かあったら今度は僕が必ず恩返しをしたいと思います。あと、強い者に付く様な人間ではなく、先生の様に弱者の方たちに手を差し伸べてあげれる様な立派な人間になりたいと思います。先生には言いませんでしたが、先生の仕事ぶりを見て、いつか僕も法律に関わる仕事をしたいと強く思う様になりました。簡単な事ではないのは分かっていますが、何年掛けてでも勉強していつか夢を叶えたいと思います。あと、長くなりましたが、本当に今回は有難う御座いました。年が明けたら、また改めてご挨拶に行かせて頂きたいと思いますので、宜しくお願い致します。最初は「よりによって何でクリスマスの日に労働審判なんだ・・・苦笑」と思っていましたが、結果的に今日は良いクリスマスプレゼントになりました(笑)。最後に、先生が本当に毎日忙しく働かれているのを知り、お身体の方を崩されたりしないか心配しております。本当に無理だけはなさらいで下さいね。では指宿先生、良い正月をお迎え下さい。

◯中国人技能実習生のカンパ
中国人技能実習生の労災事件を,交渉によって短期間で解決できました。被災者の彼は、中国の正月(旧正月)前に帰国できることをとても喜んでくれました。
彼に事務所に来て貰って、通訳さんを通じて、報酬と費用の説明をして、それを差し引いた解決金を渡しました。ところが、彼が何か言いたそうにしています。報酬金額に不満があるのかと思って聞くと、「先生は、実習生のためにがんばってくれています。中国人技能実習生の労災認定を勝ち取ったことは、中国でも報道されたので、私の家族も知っています。それで、家族と相談して、先生にお礼をすることにしました。」と言って、決して少なくない金額を、私に渡そうとしました。「ありがとう。でも、君は、労災で障害も残っているのだから、この解決金を中国に持って帰って、今後の生活のために使うべきだ。気持ちは分かったから、これは持って行ってください。」と話したのですが、彼は、「このお金は、他の実習生のために使ってください。これは、家族と相談して決めたことなので、変更することはできません。受け取ってください。」と言うのです。ありがたく、そのお金を受け取りました。
昨年末は、かなり疲れ果てていて、ちょっと気が滅入っていたので、涙が出るほどうれしかったです。今でも、彼の声が聞こえ、顔が目に浮かびます。

Copyright(c) 2012-2013 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.