5月, 2019年

2019年5月の報道機関等での発言等

2019-05-14

2019年4月の弁護士・指宿昭一の報道機関等での発言等は以下の通りです。

「移民受け入れ」賛成過半数の衝撃 
「多くの国民が懸念」安倍答弁が完全崩壊
専門家「安心して定住できる制度を」
日刊ゲンダイ5月15日号(14日発行)
公開日:2019/05/15 06:00 日刊ゲンダイデジタル
安倍首相「多くの国民懸念」崩壊 “移民賛成”過半数の衝撃
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/253838
外国人の労働問題に詳しい指宿昭一弁護士が言う。
「現時点で賛成過半数という結果には、私も驚きました。すでに、日本社会は外国人によって支えられています。外国人に感謝、期待をしている市民の健全な生活感覚が世論調査の結果に出ているのではないでしょうか。“単一民族神話”という移民を排除するイデオロギーは、こうした現実の生活感覚の前に打ち消されたということでしょう」
「安倍政権は、一時しのぎとしての外国人労働者の受け入れに固執しています。しかし、世論調査の結果で示された進むべき方向は、日本に来てくれる外国人の人権をきちんと保障して、安心して定住できる制度をつくることです。そういう制度ができれば、移民受け入れ賛成はもっと増えるのではないでしょうか」(指宿昭一弁護士)

【イベント】2019年5月17日(金)グローバル・サプライチェーンと人権課題
http://hrn.or.jp/activity/15735/?fbclid=IwAR2__wgwfYQTPL9os5fNHlmBKX1-uV9wLHNe5f3d82kRagLYQxUshlyFWAg
主催 ヒューマンライツ・ナウ 後援 一般社団法人エシカル協会
パネルディスカッションと質疑
※会場発言 指宿昭一氏(外国人技能実習生問題弁護士連絡会・共同代表

NHKテレビおはよう日本 2019年5月20日7時35分頃
“恋愛・結婚禁止”? 外国人技能実習生に何が…
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2019/05/0520.html
労働問題に詳しい 指宿昭一弁護士
「恋愛もしない、結婚もしない、子どもも産まない存在でいる方が、雇用する側にとっても、それを管理する国の側にとっても便利。だから人権侵害については、見て見ぬふりをしてきたと思う。」

*この報道の元になったNHK国際放送報道「No love for foreign trainees」(英語放送)
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/newsroomtokyo/features/20190320.html
4分26秒から5分10秒のところに私のコメント

Copyright(c) 2012-2018 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.