コラム

2024年5月31日 コラム

「バークレイズ証券事件」について考える~外資系企業に整理解雇の判例法理は適用されないのか?

バークレイズ証券事件とは、世界的な金融グループに属する外資系証券会社の本部長(管理職)が解雇され、解雇が無効だとして雇用契約上の地位の確認と解雇後の賃金の支払いを求めて東京地裁に提訴した事件です。原告である本部長は、グル […]

Read More
2024年4月25日 コラム

「今、サインしないとパッケージは出さない」と言われたら【外資系労働者と管理職労働者のみなさんへ】

外資系労働者や管理職労働者に対して、退職勧奨が行われ、納得できない水準の退職パッケージが示されて、「今、サインしないとパッケージは出さない」と言われることがあります。会社は、労働者に考える暇を与えず、弁護士等に相談させな […]

Read More
2024年4月23日 コラム

「退職勧奨に応じなかったらPIP」と言われたら【外資系労働者と管理職労働者のみなさんへ】

外資系労働者や管理職労働者に対して、会社から「退職勧奨に応じなかったらPIP」と言ってくることがあります。PIPは、「業績改善プログラム(Performance Improvement Program)」のことです。本来 […]

Read More
2024年4月22日 コラム

「(退職パッケージの)増額交渉には応じない」と言われたら【外資系労働者と管理職労働者のみなさんへ】

外資系労働者や管理職労働者に対して、退職勧奨が行われ、「退職勧奨に応じれば、退職パッケージとして3か月分の賃金を支払う。退職パッケージの増額交渉には一切応じない。」などと言われることがあります。この場合、本当に増額交渉は […]

Read More
2024年4月16日 コラム

「優秀な社員ほどその場でサインしがち」会社から早期退職を促されたときに注意すべきこととは(Yahoo!ニュース オリジナル Voice)【外資系企業や管理職の労働者のみなさんへ】

 退職勧奨を受けた労働者が注意すべきことについて、私(指宿昭一)が荻上チキさんからインタビューを受けて話しています(2021年12月8日の番組です。)。  ぜひ、参考にしてください。 「優秀な社員ほどその場でサインしがち […]

Read More
2024年4月12日 コラム

【マカフィー事件】退職強要をめぐる労働審判で調停が成立した事件【外資系企業や管理職の労働者のみなさんへ】

【外資系企業の労働者のみなさんへ】 【管理職の労働者のみなさんへ】 マカフィー事件(退職強要をめぐる労働審判で調停が成立した事件)について、多くの方から問い合わせをいただいています。申立人に守秘義務がつけられているので、 […]

Read More
2024年4月8日 コラム

「ポストがなくなるから、退職して」【外資系企業や管理職の労働者のみなさんへ】

外資系企業の労働者や管理職の労働者からの相談で多いのが、「ポストがなくなるから、退職して」というもの。ポスト(役職)廃止による解雇は、「整理解雇」の一種であり、これが有効かどうかは、整理解雇の4要件(①人員削減の必要性、 […]

Read More
2024年4月5日 コラム

「退職勧奨に応じなかったら解雇」と言われたら【外資系企業や管理職の労働者のみなさんへ】

外資系企業で働く労働者や、管理職の労働者からの相談で多いのは、「『退職勧奨に応じなかったら解雇』と言われた」というもの。真に受けて、退職届を提出してしまうと、その後の交渉が難しくなります。「弁護士に相談します」「考えさえ […]

Read More
2024年3月1日 コラム

【外資系企業解決事例シリーズ⑦】管理職・本採用拒否・交渉解決ケース

当事務所でこれまでに解決した外資系企業の労働者事例の紹介です。 【外資系企業&管理職解決事例シリーズ⑦】管理職・本採用拒否・交渉解決ケース 不当な本採用拒否に対して特別退職金を裁判によらず交渉で獲得 30代  男性 <相 […]

Read More
2018年3月20日 コラム

【外資系企業解決事例シリーズ⑤】管理職・退職勧奨・交渉解決ケース

暁法律事務所では、外資系労働者が退職勧奨や解雇をされたときに、以下の法的対策のサービスを提供します。 サービスの内容はこちらからどうぞ。 当事務所でこれまでに解決した外資系労働者の事例をご紹介します。 理由の無い解雇通告 […]

Read More
1 2