失踪実習生に違約金請求 ミャンマーの送り出し機関 日本は契約禁じる

2017-12-31

朝日新聞でコメント。
11月1日に技能実習適正化法が施行されたが、未だに適正化していない。技能実習制度は廃止するしかない。そして、外国人労働者の移動の自由を認め、中間搾取を排除できるまともな受け入れ制度を作るべきだ。

失踪実習生に違約金請求 ミャンマーの送り出し機関 日本は契約禁じる(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13297105.html
実習生の支援に取り組む指宿昭一弁護士は「制度で違約金契約は禁じられている。相手国に訴訟を取り下げるよう求め、受け入れられない場合は、その国からの実習生受け入れも中止すべきだ」と話している。

Copyright(c) 2012-2013 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.