2019年8月の報道機関等での発言等

2019-08-16

2019年8月の報道機関等での発言等は以下の通り。

パキスタン人男性、在留特別許可求め提訴へ 妻ががん闘病「8月送還」通知受け
毎日新聞2019年8月16日 13時00分
https://www.facebook.com/shouichi.ibusuki/posts/1610353079101926?notif_id=1565933577246764&notif_t=feedback_reaction_generic
サディクさんの代理人を務める指宿昭一弁護士は、「人道的な配慮が必要な外国人には、ガイドラインに沿って適正に許可を与えるべきだ」と指摘している。(記事より)

NHK解説委員室「急増する日本語学校 基準厳しく」(ここに注目!)
2019年08月21日 (水) 清永 聡 解説委員
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/300/406137.html
今回の新たな基準について、外国人留学生の問題に長年取り組んでいる弁護士の指宿昭一さんは、「入管庁は、違反者への規制の厳格化という方向でしか制度の検討をしていない。まず、留学生の人権・権利、健康で文化的な生活を行う権利を保障し、学ぶ環境を確保するという方向を取るべきだ」と指摘しています。(記事より)

「お金もらう案件」、上野議員に口利き疑惑
2019年8月27日 TBSテレビ・ニュース23
外国人労働者の問題に詳しい指宿弁護士は、「口利きが事実なら深刻な問題」と指摘する。「まるでブローカーですよね。外国人労働者の受け入れに際して中間搾取をして金をもらうことをやっている。ブローカーと同じこと。ブローカーより悪質かもしれない。」(放送より・動画の3分59秒~のところ)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3762158.html?fbclid=IwAR07bU4lEACfvmqfbuMXp_ftb2_dEMgeryoLM7OpXHBkNuTtycglojz6OUs

記者のこだわり 「病気の妻を残して帰れない」 来日31年男性の叫び 外国人政策に翻弄されて
毎日新聞2019年8月30日 07時00分(最終更新 8月30日 07時00分)
https://mainichi.jp/articles/20190829/k00/00m/040/174000c?fbclid=IwAR2KeVtDSLAni8OE7JVIzsue35Ot-N_sAgMgcImphZBCmp6eq0RvYGWNmDg
サディクさんの代理人を務める指宿弁護士は「不法滞在者はかつては労働者の供給源の一つだったため、政府があえて放置していた部分もあるはずだ。日本で働くうちに、そのまま定着した外国人も多い」と話し、政府の対応を批判する。
(中略)指宿弁護士は言う。「政策の誤りで(技能実習生など)失踪せざるを得ない人たちもいる。人道的な配慮を必要とする人たちは、ガイドラインに沿って在留特別許可を認めるべきだ」(記事より)

人権のひろば9月号
「外国人労働者受け入れ制度の現状と課題」(特別寄稿)指宿昭一
http://k-jinken.or.jp/hiroba_201907(128).html

月刊労働組合 :2019年9月号 (2019年09月01日発売)
●特集/外国人労働者の生活と権利を守る
大企業の社会的責任を問う/指宿昭一
https://www.fujisan.co.jp/product/1281692276/next/

岩手県立大学総合政策学部の2019年度一般入試・推薦入試の問題
https://www.iwate-pu.ac.jp/examination/292827kakomon-hennyu.html
世界 2018年6月号〈座談会〉
移民国家・日本のいのちの差別──隠される外国人の労働問題
鳥井一平(移住連)×村山敏(神奈川シティユニオン)×飯田勝泰(東京労働安全衛生センター)×指宿昭一(弁護士)

Copyright(c) 2012-2018 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.