録音公開!残業代ゼロ法案を「我慢して頂いて、とりあえず通す」(厚労相)

2015-04-29

「定額働かせ放題」「残業代ゼロ」を狙う労基法改悪法案をめぐり、塩崎恭久厚生労働大臣が、経営者の会合で、つい、本音の発言をしてしまった。この発言の録音データをブラック企業対策弁護団が入手し、29日にインターネット上で公開した。

塩崎厚労大臣,残業代ゼロ法案について本音を発言(ブラック企業対策弁護団)
http://black-taisaku-bengodan.jp/siozakihatsugen/

塩崎大臣は、「ものすごく(人数が)少ないところでスタートする」、「小さく生んで大きく育てる」、「とりあえず入っていく」、(経団連が1075万円の年収要件を下げると言っているが)「それはぐっと我慢して頂いてですね、まあとりあえず通す」などと発言している。大臣は、国会答弁で、「むしろ、小さく生んで大きく育てると言っている経済界の方がおられるということは(中略)非常に迷惑だなと思っていた」と弁明しているが(4月23日衆議院厚生労働委員会)、これが本当かどうかは、録音テープを聞いていただければわかるはずだ。

なお、「小さく生んで大きく育てる」の発言のくだりは、「小さく生んで大きく育てると、いう発想を変えて」と言っている。大臣は、これ「小さく生んで大きく育てる」という言葉は自分の意見ではなく、経済界の意見だと言いたいようだが、「育てると」で一息おいていること、及び、全体の発言の文脈から考えて、これは、「『小さく生んで大きく育てる』と、発想を変えて」、もしくは、「『小さく生んで大きく育てる』という、発想に変えて」ということを言いたいのだと強く推認できる。

大臣は、国会答弁で、「私が小さく産んで大きく育てたいと言っているわけではないことは明らかであって、それは私の考えだからそのように言っているので」と弁明した。弁明のはずが、「それは私の考え」だと言ってしまっている(4月23日参議院厚生労働委員会)。ここでも思わず本音が出てしまったか。

労働者のみなさん。国民のみなさん。経済界と厚労大臣の本音は、「定額働かせ放題」「残業代ゼロ」法案を「小さく生んで大きく育てる」ことだ。最初は、年収1075万円以上という年収要件があっても、これはどんどん引き下げられていくだろう。多くの、もしくは、すべての労働者が定額の給料で働かせ放題になるかもしれないだ。
こんな法案を通してしまってはダメだ!

ぜひ、声を上げてください。口コミで、ネット上で、この情報を拡散してください。

そして、ネット署名にご協力ください!
<「定額働かせ放題」法案の撤回を求めます!(ネット署名)>
https://www.change.org/p/%E5%AE%9A%E9%A1%8D%E5%83%8D%E3%81%8B%E3%81%9B%E6%94%BE%E9%A1%8C-%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%81%AE%E6%92%A4%E5%9B%9E%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99

更に、5月14日夜に日比谷野外音楽堂で開催される集会に、ぜひ、ご参加ください!!
<取り戻そう★生活時間と安定雇用 ~許すな!雇用破壊~ 5・14ACTION(集会)>
http://roudou-bengodan.org/topics/detail/20150327_514action.php

5:30開場/6:30開会(主催者あいさつ/実行委員会からの報告/連帯あいさつ/労働者・生活者の訴え)/7:30〜請願行動
@日比谷野外音楽堂
主催:「とりもどそう★生活時間と安定雇用」許すな雇用破壊!5・14アクション実行委員会(日本労働弁護団、過労死弁護団全国連絡会議、ブラック企業対策プロジェクト、派遣労働ネットワーク、かえせ★生活時間プロジェクト)

お問い合わせ先 TEL 03-3580-5311(旬報法律事務所)

Copyright(c) 2012-2018 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.