2019年9月の報道機関等での発言等

2019-09-07

2019年9月の報道機関等での発言等は以下の通り。

ベトナムの元技能実習生を契約外の除染業務に 3人が賠償請求
NHK福島 2019年9月4日 19時52分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190904/k10012063591000.html
原告代理人の指宿昭一弁護士は「3人は当初の計画に全くない除染作業をさせられていて、何の確認もなく、被ばく労働をさせられたことが問題だ。日本に来る外国人労働者にこのような除染作業をさせていいのか、裁判で問われることになる」と話しました。

9.4 技能実習生除染・被ばく労働事件・提訴記者会見
レイバーネット日本
https://www.youtube.com/watch?v=Kt1m5iOCSNU
2019年9月4日、厚労省記者クラブで「技能実習生除染・被ばく労働事件・提訴記者会見」があった。契約とちがう除染作業をやらされたベトナム人技能実習生3人が提訴した。ぜと・佐々木書記長、指宿昭一弁護士、鳥井一平氏の発言を収録。撮影=レイバーネットTV。

「軽い処分 役人の忖度」 日立に改善命令、制度廃止訴える指宿弁護士(中国新聞)
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=568504&comment_sub_id=0&category_id=256

在留特別許可、5年で半減 支援者「出すべき人にも出ない」 
2019/9/10 中日新聞朝刊
https://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=677700&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113
外国人を支援する指宿昭一弁護士(第二東京弁護士会)は
「不法残留者の取り締まりが厳しくなり、在留特別許可を出すべき人に出さなくなっている」と批判。
法務省が判断基準を守るよう「ガイドラインを法律化すべきだ」と主張している。(記事より)

Copyright(c) 2012-2018 Akatsuki Law Firm All Rights Reserved.